台湾高雄旅行記2016年

*11月21日(月)

CI 167便 関空発12:10  高雄着14:55 にて
嫁様と、相変わらずの2人旅。
空港は、さほど大きくない。行きも帰りも、飛行機は中国人(台湾人)乗客で満席。
銀行で両替。レートは1元=3,6円 少し円高を感じる。
台湾大哥大のSIMを購入。5日用300元。入れてくれる、再起動したら使えると言われたが・・
携帯はNUUのSIMフリー携帯。再起動してもつながらない。この日、あれこれ試したがつながらない。
翌日、携帯の設定項目で台湾大哥大のSIMのデータ量設定が必要だったことが分かり、設定するとつながった。

タクシーでエクスペディアで予約してあったホテル「ロイヤルホテルグループセントラルパークブランチ」に行く。
漢字で書くと「御宿商旅中央公園館」、大きな看板が目印。
中央公園横にあるホテル。タクシー代300元。4泊朝食無料で客室料金は25688円。1人あたり3000円ちょっとだ、安い。
部屋は狭いが清潔、バスタブもあり、必要にして十分なホテルだ。

部屋に荷物を置いて、地下鉄中央公園駅へ行く。

IPASSを購入。100元がカード代。400元チャージしてもらう。
公共交通機関にはすべて乗れるようなのだが、バス会社によっては、現金払いと言われた。
地下鉄生態圏駅まで行き、タクシーで蓮池潭に行く。
夕方だったので、観光客はだいぶ少ないようだった。
この日から24日までは曇り時々小雨という天気。

右手にあるコーヒーショップで休憩。1杯1杯手作りの紅茶やコーヒーを出している。

竜虎塔。昔、はじめての台湾旅行で台中の日月潭で同じものをくぐったのを思い出した。

竜虎塔の中。

向かいの道教寺院。

派手ですねえ。

春秋閣。

ここにも竜虎が。

内部も派手です。
暗くなってきたので、本日終了。バスで地下鉄左営駅まで行く。下校する高校生でいっぱい。
地下鉄巨蛋駅で降りて、瑞豊夜市へ行くが、月曜日はお休みだった。
それで、漢神百貨店に行き夕食にする。

イルミネーションが美しい。

どの店もいっぱいなので、すいていたタイレストランで夕食。瓦城というチェーン店。
地下鉄でホテルに帰る。

*11月22日(火)


朝食後、地下鉄で左営駅に行き、仏光山仏陀記念館行きのバス停でバスを待つ。
高雄客運のバス停(直通バス)は2番で、義大客運のバス停が3番(ギリシャテーマパーク経由)。
行きは高雄で帰りは国光を利用した。どちらもわりとすいていた。

直通バスなので9時発車で9時半過ぎに到着。お客はまだまばら。
昼過ぎには団体客でいっぱいだった。

記念館の案内図。まあとにかく広い。

第一仏塔で星雲大師、仏舎利の解説がされていた。係員に日本人だと告げると日本語のDVDを見せてくれた。
お客は2人だけど・・・

星雲大師の書。周りは寄付者名簿。

大広場に到着。

本殿はきんきらきん・・・

大仏様の前で。

仏舎利を見学した後、仏陀の生涯と教えの3Dビデオを見る。始まる前だから渡されためがねをかけていない。

ビデオの内容がパノラマ仕立てに成って展示されている。

記念館にある精進料理の中華料理店で昼食。

バスで左営駅までもどり、地下鉄で高雄駅まで行く。その後タクシーで国立科学博物館へ行く。
特別展が秦の兵馬俑等の展示。

ラケットのシェアが95%には驚き。

台湾と言えばコンピューター産業ですね。

アップル2とは懐かしい。

繊維産業の歴史は和服から始まる。

鉄道の歴史も興味深い。

歯医者の機器の今昔。昔の機器。

通信機器の歴史から。カフェもあって休憩できます。
兵馬俑展の方は撮影禁止。南館の方は工事中でした。
バスで高雄駅に帰ろうしたら、反対側のバスに乗り澄清湖方面に行くことになる。

と言うわけで入場料を払って見学することに。もっとも夕方ということもあって施設は閉まっておりました。
バスに乗り高雄駅へ。地下鉄で中央公園駅に行き、歩いて漢神百貨店へ。
デパ地下の日本ラーメン店で夕食。

*11月23日(水)

朝食後、地下鉄で西子湾駅に行き、フェリー乗り場まで歩く。フェリーで旗津地区へ。

9時前ということもあるのか、すいている。

対岸につくと、まず目に入るのがこの道教寺院。

メイン通りもガラガラです。まだ、ほとんどの店は開いていません。

またまた、道教寺院。

こういう看板を見ると笑ってしまいます。この店もまだ開いていません。

一見ラブホテルかと思ったら、長老派の教会でした。

海水浴場はシーズンオフです。というわけで、はやばやと帰ることに。

駅からタクシーで打狗英国領事館文化園区へ。中国政府による功輪法迫害の看板を見ながら、階段をどんどん上がっていく。

山の上の官邸入り口。手前にあるのが道教寺院。

カフェでしばし休憩した後、見学。古い階段を降りて下の官邸へ行く。

下の官邸を後ろ側から。

下の官邸を前側から。
下のバス停でバスを待っていたらタクシーが通りかかったので、タクシーで高雄市立美術館に行くことにする。

現代美術と特集展をやっている。カフェがないのが欠点。無料なのは嬉しい。

特集展は見応えがありました。隠元の書など初めて見た物が多かった。

撮影禁止なので、パンフから2点切り抜きました。上の書は陸千甫の書。下の書は王陽明の書。
書道好きの人にはたまらない特別展でしょう。
現代絵画は省略。

次にタクシーで新客家文化園区へ。

客家の生活が展示されています。

これは婚礼道具。

次に歩いて5分と言うところにある維格餅家のパイナップルケーキ工場見学、体験施設へ。

1時から見学がはじまるのでそれまでに昼食をとりに食堂へ。軽食を食べることができる。

私たち以外に地元の2家族が見学に参加。後の、ケーキつくり体験には、私たち以外に中国からの親子1組が参加。
すいていました。

いろいろ面白い工夫が。

球形スクリーンは見応えがありました。写っているのはピア2芸術特区。

キャラクター前で記念撮影。ケーキつくりの様子は撮影できず。二人とも作るのに夢中でしたので。

見学後、歩いて最寄りに地下鉄の駅まで行く。中央公園駅まで戻ってきて、前金天主堂、ロザリオ聖堂へ行く。
あいにく、聖堂は修理中で内部の見学はできず、残念。
夕食は、また漢神百貨店のフードコートへ。和食の定食を食べる。

*11月24日(木)


 朝食後、地下鉄で鹽堤駅に行き、歩いて市立歴史博物館へ行く。

太平洋戦争で召集された台湾人兵士が戦後補償のないまま放置された問題を特集していた。
日本統治期の台湾国内旅行の展示コーナーなど興味深い展示が多かった。

228事件による蒋介石による弾圧事件の展示は詳しかった。

市庁舎での戦闘の様子のジオラマ。

博物館からぶらぶら歩いて、ピア2芸術特区へ向かう。

案内所でパスポート券を購入。

港の整備工事が進められている。

面白いオブジェがあちこちに。

台湾製糖の倉庫だったことがわかります。

ここに入ることに・・・

お化け屋敷だね・・・

この壁画は面白い。

こういうのを見ると、ぜひ乗らなくっちゃ・・

というわけで、嫁様と乗ることに・・・

次に、歩いて西子湾駅へ。駅のそばにある打狗鉄道故事館へ。旧高雄湊駅の表示が。

駅の面影を感じます。

地下鉄で美麗島駅へ。ここで昼食をとることに。

駅近くの火鍋屋で昼食。
昼食後、地下鉄で三多商圏駅へ。85ビルまで歩いて行く。

展望台へ。嫁様はお疲れです。

絵画と書道の展示会が開かれていました。

見事な作品もありました。

テレサテンのコーナーもありました。

眺めは良いですねえ。

タクシーで愛河、愛の船へ。遊覧船ですね。

85ビルが見えますね。

のんびりできますね。

ゴンドラもあります。乗り場もありました。

ヨットの練習もしていましてた。中校生ぐらいか。

中国語の説明なので、全く分かりません。


川縁を散策して、ホテルへ。途中で大立百貨店による。上海料理店で夕食。
これで高雄旅行は終了。また、高雄に来るつもりです。

*11月25日(金)

 5時前にチェックアウトして、タクシーで空港へ。7時半発の飛行機なので5時半からでないと窓口は開かない。
しばらくまって手続き完了。空港のカフェで軽く朝食。帰りの飛行機も満席。
無事関空に帰ってきた。