2015,12,25

    台北旅行2015年12月から


☆12月18日(金)
 チャイナエアライン0157便(12:50分発)にて関空から台北へ。
 愛犬をペットホテルに預ける。関空駐車場に車を預ける。
 義兄夫婦との4人旅行。気心が知れているので楽ですね。
 桃園空港に到着。スムーズに通り過ぎて、タクシーにてホテルへ。
 タクシーはぶっとばす運転で17時にはアンバサダーホテルに到着。
 金曜、土曜、故宮博物館は夜9時まで開館しているので、さっそくタクシーで故宮博物館へ。
 夜はまだすいていると聞いていたが、中国人観光客でいっぱいだ。
 8年前に故宮博物館を見学したが、内部も様変わりをしている。
 今回は、「朗世寧」特集で彼の名画の数々を堪能した。
 その代わりといっては何だが、義兄夫婦が楽しみにしていた書はほとんどなかった。
 おなじみの肉形石、翠玉白菜などは特別室にあって、ロープが張られ順番に並んで見るようになっている。
 さすがに夜のことなので、待たずに見ることができた。
 陳列室によるが、日本語の説明文こともあるので参考になる。
 1時間半程度見学したら疲れたので、明日の夜にまた来ることにして、タクシーでホテルに帰る。
 2階の広東料理店で夕食を取る。値段は高いが、料理はおいしい。
 部屋に戻り、お風呂に入り就寝。

☆12月19日(土)
 朝食会場でバイキングの朝食を食べる。まあまあの品数。味はよい。
 8時に、現地ツアーの迎えが来る。「基隆、野柳、北海岸コース」
 マイクロバスに義兄夫婦、日本人の若い男性、運転手兼ガイドの計6人。

基隆の中正公園に到着。小雨模様。観光客はほとんどいない。

布袋様の像。後ろが大観音像。

大観音像の内部に入れる。その後ろが禅宗寺院。

基隆港が一望できる。

次に向かったのが、野柳風景区。8年前に路線バスで来たことがあるが、様変わりしていた。
寂れた港の横の公園といった感じだったのが、観光バスだらけで、中国人観光客でごったがえしている。

クレオパトラの顔に到着。カメラ撮影は順番待ち。警官が交通整理をしている。

きのこ岩。登ろうとしたり、足をかけたりしていた観光客を見つけては警官が注意していた。
昼過ぎにホテルに帰り、ホテル12階の四川料理店で昼食。この店も、値段は高いが、料理はおいしい。

部屋でしばし休憩をした後、タクシーで国立歴史博物館へ。見応えがあります。中国人観光客もいなくてゆっくりと見学できる。
写真もノーフラッシュなら撮影可でうれしい。



なんでも世界一コインを有する博物館だそうで、見応えがある。







すごいコインがありました。

春秋中期、獣型器座。

漢、灰陶撫琴屋。

明、青花一束蓮大盤。

洛陽唐三彩特別展が開かれていて、唐三彩の名品が多数展示されていた。



4階の喫茶コーナーでアフターヌーンティー。窓の外は植物園の景色が見られ贅沢なティータイム。
タクシーが捕まらず、地下鉄の駅まで歩いて地下鉄でホテルに帰る。
お腹がいっぱいなので、夕食はパス。義姉は疲れたいたので、3人で故宮博物院へ。
さすがに夜の8時頃にはすいていました。

☆12月20月(日)
 この日は、「十分、天灯上げ、平渓線、九分ツアー」8時に迎えが来る。
朝からマラソン大会が開かれていて、観光バスはホテル前に駐車できず、マイクロバスにて別ホテルへ移動。
日本人観光客16名のツアーだった。ガイドさんの日本語も分かりやすく親切だった。

十分の滝へ。8年前とは様変わり。観光バスの駐車場ができている。遊歩道ができていて、線路横に橋もできていた。
中国人観光客でいっぱいだ。おかげで、バスが身動きできない状態だった。

公園もできていた。

展望台が作られていて近くまで行くことができなくなっていた。

バスで十分の駅へ。8年前は、滝からここまで30分程度歩いてやってきたのだが。列車は観光列車そのもの。
観光客であふれかえってます。8年前は閑散としていましたが。

天灯上げに挑戦。天灯上げが一大観光化されておりました。

これからいよいよ上げます。その前に店員さんが持参したカメラのシャッターを押してくれます。親切ですね。
私は「至福千年王国」と書きましたが、嫁様は秘密です。

空高く飛び上がりました。なんでも、風の具合で谷間の河原に落ち、中の金具は回収されるとのことです。

十分駅にて。

ガイドさんがシャッターを押してくれました。

瑞芳行きの列車が来ました。列車は超満員でしたが、この駅でほとんどの客は降りていきました。

瑞芳駅から、路線バスに乗って九分へ。日曜日は観光バスが規制されているようです。
九分は晴れ。ガイドさん曰く、きわめてラッキーだとのこと。
そういえば過去2回九分に来たが、いずれも晴れてはいなかった。

人人人で、ラッシュアワー。
お昼は軽便路にあるレストラン九戸茶語で昼食。8人ずつの2席で、適量の料理。

ちょっとはずれの、この店でゆっくりとお茶をすることに。

今は、劇場として利用されている。

中に入る。無料で映画が見られる。上映を待つ人々。
基山街を散策しようとしたが、芋の子を洗う状態で、軽便路をぶらぶらして集合地のセブンイレブンの店に行く。
路線バスで下におりる。瑞芳駅途中に観光バスの駐車場があり、そこで路線バスを降りて観光バスに乗り換えて台北に戻る。
ホテルに戻り、2階の広東料理店で、予約しておいた北京ダックを食べる。満腹になる。

☆12月21日(月)
朝食バイキングを食べた後、チェックアウトをして荷物を預ける。
嫁様と義姉は北投温泉の加賀屋へ。日帰り温泉を楽しむことに。
義兄と僕は市内散策へ。

国軍歴史文物館へ。

ところがあいにく展示替えのため来年1月まで休館に。

総統府へ。3日前に予約をしておれば内部見学ができるとのことだが、今回は外回りだけの見学に。

総統副総統文物館へ。観光客は少なくゆったりと見学できた。

もとは交通局。そのままのこして現在も利用しているのがすごい。

総統副総統就任の部屋。来年は総統選挙。

これまでの総統と記念写真。見応えのある展示がありました。

中山堂にいくと、ドラマの撮影が行われていました。

ワンカットをとるのに何回も取り直しをしていました。

台湾省城皇廟へ。

真剣にお祈りされていました。
この後、西門町を散策してホテルに帰る。
ホテルの2階の広東料理店で飲茶で昼食をする。タクシーで空港へ。
飛行機の離陸に遅れが出て、なんでも空港が混んでいたらしい。1時間遅れで離陸する。
楽しい台北旅行でありました。