2015,3,14

  カトリック泉南教会春の遠足から2015年

 泉南カトリック教会の春の遠足に参加した。
まずは青木松風庵岬工場の見学。
昨年完成した工場で、ぴかぴかです。
この工場では、月化粧、木の実ひろい、バウムクーヘンなど主に焼き菓子を作っている。

まずは窓越しに製造ラインを見学。

ひとつひとつ、入念な検査が行われています。

すごい数ですね。
この後、工場で働いている社員のような見学用衣服に着替えてから衛生区域内に入って見学をしました。
カメラは持って入れず。できたてのお菓子の試食、おいしいお茶、コーヒーなどのサービス、お土産までありの嬉しい見学会でした。
次に、和歌山市内に移動して、六三園(がんこ寿司)で昼食、園内の見学。

大阪北浜の相場師松井伊助が大正からから昭和初期に建た別邸で、有形文化財になっています。表門は1925年建設。

表門を入ると、ライオン石像があれう。丸いのが日時計の辻石、右に樹齢800年の槇の木、斜めの屋根の建物は給水塔。

主屋は1920年、左の庭園の眺望を眺められる。

庭は回遊式で散策できる。

現在は使われていないが、浴室棟があり、白浜から温泉を運んできて沸かして入ったそうだ。
屋上が展望台になっていて、登れば園内が一望できる。
食事もおいしかったですが、邸内散策も良かったです。

屋形教会へ移動して、マルコ神父によるミサ。屋形教会の婦人部の皆さんの親切なおもてなしに感激しました。
お土産までいただいてただただ恐縮。

屋形教会は献堂60周年を迎えるということです。落ち着いた趣のあるすばらしい建物でした。

帰りの国道26号線にて。イオンを通り過ぎるまですごい渋滞。この看板、実感しました。