「クロアチア・スロベニア絶景ハイライト8日間」

クラブツーリズム海外旅行を利用した。
旅行期間は10月7日(月)から10月14日(月)
ツアーディレクターは林裕子、参加者は22名。
個人でこれだけの名所を回ろうとすると8日間では回れない、ツアーは便利だ。
ただ、送られてきた予定表を見ると、バスによる長距離移動が多く、余裕がないのが分かる。

1日目、10月7日(月)
関空発23:45 EK0317 エミレーツ航空にてドバイへ(約10時間)

2日目、10月8日(火)
ドバイ着 04:50
ドバイ発 08:30 EK0129 ザグレブへ(約3時間)
ザグレブ着 12:35 専用バスにてスロベニアのブレッドへ(約200km)
観光後、ホテルへ(ホテルクリム)ブレッド泊

3日目、10月9日(水)
朝食後、ボストイナへ(約105km)
ボストイナ鍾乳洞観光
観光後、クロアチアのモトブンへ(約87km)
トリュフ料理の昼食後、1時間程度のモトブン自由散策
観光後、ロヴィニへ(約45km)
ロヴィニ散策後、少しの自由時間
観光後、オバティアへ(約77km)ホテル(グランドアドリアティック2)オバティア泊

4日目、10月10日(木)
朝食後、プリトヴィツェへ(約223km)
昼食は、レストランにてマス料理
プリトヴィツェ湖群国立公園観光
観光後、ネウムへ(約380km)ホテル(ホテルスンツェ)ネウム泊

5日目、10月11日(金)
朝食後、ドゥブロヴニクへ(約65km)
午前はガイド同行で観光、昼食は各自、その後は自由行動
夕食は地元レストランで
夕食後、ネウムへ

6日目、10月12日(土)
朝食後、スプリットへ(約170km)
市内観光後、1時間程度の自由行動
昼食は、地元のレストランで
食後、ザグレブへ(約420km)ホテル(ホテルパノラマ)ザグレブ泊

7日目、10月13日(日)
朝食後、ザグレブ市内観光、1時間程度の自由行動
バスにて空港へ、空港にて各自昼食。
ザグレブ発 15:25 EK0130 ドバイへ(約5時間35分)
ドバイ着 23:00

8日目、10月14日(月)
ドバイ発 03:00 関空へ(約9時間15分)
関空着 17:15


*1日目から
20時30分頃に、クラブツーリズムの窓口に行く。すでに、担当の林さんが来られていてチケットを受け取り、
エミレーツのカウンターへ行く。ずらーといっぱいの搭乗客がいる。満席だとのことだ。
出国手続きを済ませ、ゴールドカードの有り難みのラウンジでのんびり。10時30分になったので搭乗口へ行く。
機材はA330、最新のもので、座席は少しゆったりしている。映画を見ながらすごす。
とにかく寒い、帰りは上着を着込んで、下着も厚着して乗ることにした。

*2日目から
ザグレブ空港は新しい。ユーロからクーナへ両替。窓口が1カ所で1人で対応。
私たちの団体が最初だったので全員両替しても短時間だった。
時間がかかるようだとATMでカードで現金を出そうと思っていたがせずにすんだ。
ATMは数台あり、がらがらだった。
添乗員さんが言うには、両替も早くすみ、スロベニア入国もスムーズでブレッド観光が無事できるとのことだ。
スムーズに行かない場合には、ブレッド観光の目玉のボートに乗って島には渡れないこともあるとのことだ。

ザグレブからブレッドへ

途中でトイレ休憩、有料トイレ1ユーロ。ドライブインのトイレは無料が多いが、向こうに見えるのはコンビニ。

旅行中、お世話になったバス。ミネラルウォーターをコンビニで購入。
参加者の内訳、夫婦2組、母娘3組、男性単独2人、女性単独2人、それ以外は女性2人組。
水道水は飲めます。食事に出された水も飲めます。僕は、がぶが飲んでいましたが、僕以外は心配なのか飲んでいませんでした。

ブレッド湖にて。

ブレッド湖と言えば、この眺めでしょう。

ボートで、島に渡ります。

聖母被昇天教会、観光化されています。

鐘を鳴らすのが恒例

嫁様も頑張りました。

チトー大統領の別荘、今はホテルに。歩いてホテルクリムへ行く。
ホテルは普通の3☆ホテル、エレベーターは狭い。夕食は普通のバイキング。
シャワーを浴び、下着類を洗濯する。持参した湯沸かしポットで湯を沸かし持参したカップで持参したコーヒーを飲む。
就寝

*3日目から
ヨーロッパ最大級というボストイナ鍾乳洞観光、確かに観光客でいっぱいだ。

この奥にトロッコ乗り場がある。

トロッコで出発。

すごいの一言の鍾乳洞でした。
この後、モトブンへ。したの駐車場でシャトルバスに乗り換える。
降りてから、山頂にあるホテルカシュテルのレストランに行く。

パスタの上にほんの少しのトリフが乗っている。

食後は自由散策。聖ステパノ教会。

教会の天井画。

カフェで景色を見てのんびりする。
次ぎに、港町ロヴィニに行く。

美しい街です。これから聖エウフェミヤ教会をめざして坂道の階段を歩くことになる。
左手にある坂道を歩く方が楽なのに、時間短縮というわけだ。

あいにく、教会は閉まっていて入れす。各自、ぶらぶらしながら散策しながら集合場所に行く。

夕方ということもあり店は閉まっているところが多い。レストランは開いているが。
オパティアのホテルに向かう。
ホテルは4☆クラシカルなホテルで、夕食のバイキングもおいしい。部屋もゆったりしていて快適だった。

*4日目から


プリトヴィツェへ向かう途中、バスがストップした。30分程度かかったが、原因は交通事故だ。
警察が来て、レッカー車が事故車を移動させた。こんなこともあるのだ。

昼食は、ドライブインのレストランでマス料理。

このレストランには、熊などの剥製が置かれていた。

プリトヴィツェ湖群国立公園に着いた。現地ガイドの説明を受ける。現地ガイドの英語の説明を添乗員が日本語訳して説明する。

絶景です。

ボートにも乗ります。
たっぷりと景色を味わった後、ボスニア・ヘルツェゴビナのホテル(ホテルスンツェ)へ。
新しいホテルだが、いまいちだ。バイキングは今ひとつ。
従業員は、食べているのに、片付ける。
欧米の団体客がいっぱいでごった返す。エレベーターで荷物が運べず。
階段をスーツケースを持って上ることに。連泊なので、あさっての帰りは朝食前に下ろすことになった。

*5日目
この日の出発は9時ということでのんびりする。ホテルの部屋はバルコニー付き。

バルコニーからの眺めは良い。

朝食後、国境を越えてドゥブロヴニクへ。ロープウェイに乗ってパノラマビューのはずが・・・
すさまじい混雑で、1時間程度乗るまでかかる。降りてきたときにはすいていた。

眺めは良いですが。帰りも大変だ。団体用通路と、個人用通路がわかりにくく、個人できた人が団体用に並んでいてトラブルになる。

この後、市内観光となる。現地ガイドの話を聞きながらぶらぶらする。昼食は各自とって自由行動となる。
まずは、ドゥブロヴニク1日カードを購入する。250クーナ。日本円で約5千円だ。

路地に入ったところのレストランで昼食。

地元のムール貝は小粒でした。

ドミニコ会修道院、聖ブラボ教会は閉まっていて入れず。まずは、フランシスコ修道院へ。ここの薬局で嫁様の化粧品を購入。

スポンザ宮殿にて。現代美術展をやっていました。別料金です。

総督邸の横にあった映画館に入るとロビーでコーヒーの自動販売機があり5クーナでコーヒーを飲む。
入り口には、地元の有名チョコレート店もある。穴場です。

騎士ローランドのつもり。

お隣の総督邸へ。総督邸からの眺め。

マリン・ドゥルジッチの家にて。有名な劇作家だそうだ。

階段をひたすら上って、民族学博物館に行く。

聖イグナチオ教会。

教会の内部。

城壁沿いにある絶景を売り物にしているカフェで休憩。

大聖堂のティツアーノが描いた「聖母被昇天」を見る。

海洋博物館入り口。大きな錨が目印。

城壁も歩くことに。港周辺を見るだけに。

集合時刻まで、しばし休憩。

プロチェ門近くのレストランで夕食。レストランからの眺め。

食事が終わる頃の眺め。食事は海鮮料理で美味でした。
ドゥブロヴニクは、とにかく高い、ぶったくり値段だ、ガイドさん曰く、あまりの物価高に住民は逃げ出しているとのこと。
この日、台風19号が関東地方にやってきて甚大な被害がでていた。成田空港が閉鎖されて帰れないツアーもあった。

6日目から
この日は、スプリット観光。

人人人でごったがえしている。芋の子を洗う状態。

ガイドの案内で宮殿内を散策。

前庭でアカペラ演奏。

金の門にて。

この場所で解散、自由行動。外観の説明は不要だ。場所の確認だけで,はやいこと自由行動をさせてほしいものだ。
手前に見えるのが大聖堂、その向こうが鐘楼。

共通券を購入して、大聖堂へ。人でいっぱい。
宝物室に入った。どこにでも宝物類だ。

宮殿地下、

洗礼室にて、もとジュピター神殿。洗礼者ヨハネの像はなかった。

神殿入り口にて。

しばし休憩。スプリットは安い。パフェ2個で9ドル、チップが1ドル。

集合して、港沿いにあるレストランで昼食。結婚式場、披露宴会場といったレストラン。
シーフード料理、写真に写っているのはデザート。しゃれてます。

レストランというより式場だね。

レストランの隣にはサッカー場があり子どもたちがサッカーをしていた。

ザグレブのパノラマホテルはクラッシックで良い感じのホテルだ。
ただ、あちこち傷んでいるようで、部屋のバスルームの電灯が朝切れていた。電気系統の故障のようだ。

7日目から
最終日、午前中はザグレブ市内観光だ。

考古学博物館前の公園にバスを止める。

当日はマラソン大会が開かれていて交通規制がなされていた。

市電は動いていません。

世界一短いケーブルカーに乗ります。

ケーブルカーで上ったところにあるのがロトゥルシュチャク塔。大砲が見えます。

ナイーブアート美術館。自由時間に行くことにある。

聖マルコ教会。

石の門にあるマリア像。お祈りしたら良いことがありました。

青空市場にて。ガイドさんが盛んにこの郷土玩具をすすめていました。

聖母被昇天大聖堂。この下で解散、自由時間になりました。
大聖堂に行くと、ミサで聖体拝領が行われていました。ラッキーで、聖体拝領を受けることができました。
聖マリアに感謝。

大地震の祈念碑。
この後、ナイーブアート美術館に行き見学したら自由時間がなくなってしまった。

ナイーブアート美術館パンフ

集合地点に行って、本日終了。空港に行き出国審査を終え、昼食を食べる。

最後の1枚は、マラソンゴールを目指して力走する選手。
クロアチア・スロベニア絶景ハイライト8日間は終了。