2018,11月 台中・台南・高雄の旅から


*11月5日(月)
 愛犬をペットホテルに預け関空に向かう。
橋は修理中であるが、渋滞することなく空港に着く。
7時から手荷物検査が始まる。朝早いのか混み具合はましだ。
CI159便9:15発にて出発。11:35桃園空港着。
前回同様、すごい観光客。それなりにスムーズに通過する。
両替して、通信SIMを購入。自分で挿入すると伝える。
Uバス13:10発に乗り台中駅へ。15時半到着。市内は渋滞していない。
プラザホテルにチェックイン。しばし休憩。

部屋から台中駅が一望できた。工事は完成している。
夕食に沁園春に行くが、月曜はお休み。そこで宮原眼科に行く。

宮原眼科前の川はきれいにリニューアルされていた。
嫁様の帽子は近くの帽子屋で購入。
夕食は5時から。まだ4時半なので軽食にする。

なかなか歴史のある橋のようだ。

軽食と言っても、なかなか豪華です。
コンビニによって夜食のカップラーメン、ビール、ジュースを買ってホテルに帰る。
本日終了。

*11月6日(火)
 朝食後、申し込んでいた現地ツアーの車に乗り「日月譚一日ツアー」に行く。
ガイドは以前お世話になった、蒋さん。
オーストラリア2人、マレーシア2人、対1人の合計7人。
ホテルを回るだけで1時間経過。そんなものか。
高速を走り、10時半頃に日月譚に到着。

向山ビジターセンターに到着。

観光ビデオを見た後しばし休憩。

遊覧船に乗車。45分程度で回る。

船内は貸し切り状態。

眺めは最高です。

昼食は定食ですが、なかなか豪華です。

食後は、遊歩道を散策。

蛙のモニュメントがあるところまで、歩いて帰ります。

次に向かったのが、慈恩塔。この階段を登るのはしんどかった。

さすがに塔に登る元気はありませんでした。

帰りは楽でした。

湖畔の商店街を散策。

茶店で休憩。ここの紅茶を買いました。紅茶が名産品だとか。

最後に向かったのが文武廟。

巨大です。

夕日があたっています。

こんな芸をしているわんちゃんたちがいました。

夕日がきれいです。まだ日没までは時間がありますが。
ホテルに戻り、沁園春にて夕食。

*11月7日(水)

台中駅前に大きなホテルが建設されていた。もうすぐ完成だとか。
ホテル前にて、現地ツアー「シートウの原始林と妖怪村を訪ねるツアー」の車に乗車。
ガイドはおらず、運転手がガイドを兼ねている。運転手は翻訳アプリで話しかける。
私も翻訳アプリで返答する。

集集駅にて。駅前にレンタサイクルの店で自転車を借りる。

線路横にサイクリング道路がつくられていて運転しやすい。

左手に小さな軍事博物公園がある。

目的地の明新書院に到着。隣が小学校。



来た道を戻り、自転車を返して、駅周辺を散策。



駅前の茶店にて紅茶で休憩。その後、妖怪村へ。隣がシートウの原始林の遊楽区。

この派手な看板の店で昼食。

嫁様は、鳥肉、片足がでーんと入ったラーメン。

僕は、豚肉定食。

食後は妖怪村の散策。

高校生、中学生の団体客でごった返してきた。

これが妖怪村のシンボル。

原始林の散策へ。ハイキングコースになっています。僕たちは歩きやすい平坦な道を歩きます。

青年センターで休憩。レストランもあります。まあ、すごい人出です。

ぶらぶら歩いて本日終了。
新幹線の台中駅まで送ってもらって、新幹線で台南駅へ。
駅からタクシーでシャングリラホテルへ。市内渋滞でホテルに着いたときは真っ暗。
ホライゾンクラブを選択するように勧められたのでそうすることに。
専用ラウンジで軽食とアルコールをいただく。朝食もここでとることができる。
隣のデパートの地下のラーメン屋でラーメンを食べる。

11月8日(木)
 専用ラウンジで朝食を食べる。ゆったりとした気分になる。
「関子嶺ツアー」の車に乗車。ガイドは前回もお世話になった方だ。

途中にあるお寺を訪ねる。

左に見えるのがエレベーターで3階まで上れる。

次に向かったのが300年燃え続けるという「水火同源」。

池の中にガスが吹き出して燃えている。

池の前に立っている木はめずらしい木のようで説明がある。

警光山荘。警察関係者のホテルだが、ここの温泉が公開されている。

130元で入浴できる。まあ大衆温泉、大衆浴場だ。
昔の温泉で、脱衣は浴場の前にある棚で行う。入っている客からは丸見え、まあ荷物は取られることはない。
泥風呂と水風呂に分かれていて20人も入れば芋の子を洗うようになる。男性用は数人入浴していた。
女性用は、嫁様はとても入る気がしないと言ってパス。
入浴している地元客からあれこれ話しかけられる。
風呂から上がり、嫁様と周辺を散策する。

戦前の様子を説明した看板があった。

最初にできた温泉がこれらしい。

この橋の向こうに温泉源がある。

温泉源の説明。

ここが温泉源。入ることはできない。

昼食は温泉街を少し登ったところにあるレストランで。鳥定食。完食。

食後は家具工場の見学。

展示ルーム。
木のおもちゃ類の展示販売室もありました。

最後に立ち寄ったのがオランダ村という名前の公園。

公園内を散策。本日終了。
ホテルに戻り、専用ラウンジで軽食とアルコール。その後、隣のデパート地下のラーメン屋でラーメンを食べる。

11月9日(金)
 専用ラウンジで朝食後、7:50発の自強号で高雄に行く。
9時半にセントラルパークホテルに着く。荷物を預け市内観光へ。
地下鉄で中央公園駅から凹子底駅に行き、タクシーで市立美術館へ。
「林惺獄」の特別展を見る。
 資料パンフ


次にタクシーで凹子底駅に戻り地下鉄で三多商圏駅に行く。そこから歩いて市立図書館に行く。
大回りをして大汗をかく。すごい図書館だ。

2階の茶店でコーヒーとサンドイッチで昼食。まだサンドイッチはできていません。

日本の雑誌類も充実しています。

本屋のごとく、よく読まれている本は野積みされている。3階以上の専門書が置かれている部屋も充実している。
写真を撮ることは遠慮しました。実に素晴らしい図書館です。

何が入っているかなあという福袋。福袋ごと借りるのです。
図書館を出て駅近くのそごうデパートのUCCコーヒー店でしばし休憩。
その後タクシーで、カトリック前金教会へ行く。お参りをして、ショップでカードなどを購入。
歩いてホテルに。チェックイン。嫁様は疲れているので、一人で市内散策へ。
地下鉄で高雄駅にいき、そこからタクシーで三鳳宮へ行く。

なかなか歴史ある建物だ。

3階まで上れます。

実に美しい建物です。
次に、幸福川沿いに歩いて玉皇宮に行く。

散策には良い道です。

派手な建物です。
参観した後、三民市場、三鳳中街を散策し、高雄駅に帰る。
ホテルに戻り、ホテル近くのステーキ屋で夕食。本日終了。

*11月10日(土)
 CI166便にて7:00高雄発、関空着10:30にて帰る。
関空行きの窓口がわからず苦労する。成田行きが大きく掲示され、関空行きが別の窓口になっていたので。