葡萄畑の農夫の譬えから
マタイ21章33節から43節
 2014,10,5 年間第27主日

Mat 21:33 もう一つの譬を聞きなさい。ある所に、ひとりの家の主人がいたが、ぶどう園を造り、かきをめぐらし、その中に酒ぶねの穴を掘り、やぐらを立て、それを農夫たちに貸して、旅に出かけた。
Mat 21:34 収穫の季節がきたので、その分け前を受け取ろうとして、僕たちを農夫のところへ送った。
Mat 21:35 すると、農夫たちは、その僕たちをつかまえて、ひとりを袋だたきにし、ひとりを殺し、もうひとりを石で打ち殺した。
Mat 21:36 また別に、前よりも多くの僕たちを送ったが、彼らをも同じようにあしらった。
Mat 21:37 しかし、最後に、わたしの子は敬ってくれるだろうと思って、主人はその子を彼らの所につかわした。
Mat 21:38 すると農夫たちは、その子を見て互に言った、『あれはあと取りだ。さあ、これを殺して、その財産を手に入れよう』。
Mat 21:39 そして彼をつかまえて、ぶどう園の外に引き出して殺した。
Mat 21:40 このぶどう園の主人が帰ってきたら、この農夫たちをどうするだろうか」。
Mat 21:41 彼らはイエスに言った、「悪人どもを、ひどい目にあわせて殺して、季節ごとに収穫を納めるほかの農夫たちに、そのぶどう園を貸し与えるでしょう」。
Mat 21:42 イエスは彼らに言われた、「あなたがたは、聖書でまだ読んだことがないのか、『家造りらの捨てた石が隅のかしら石になった。これは主がなされたことで、わたしたちの目には不思議に見える』。
Mat 21:43 それだから、あなたがたに言うが、神の国はあなたがたから取り上げられて、御国にふさわしい実を結ぶような民に与えられるであろう。

平行記事が、マルコ、ルカにある。41節に、口語訳では「皆殺しにする」とあるが、新共同訳の方が良い。43節に口語訳では「異邦人」、新共同訳では「民族」とあるが、田川訳の「民」と訳すのが良い。
マタイは、神の国は、「ユダヤ教徒」という「民」から、もう一つの別の「民」である「キリスト教徒」という「民」に与えられるという意味で、使っている。
マタイは、この福音書を「ユダヤ人のキリスト教徒」を対象にして書いたと言われているからだ。
 口語訳や新共同訳だと、「ユダヤ人」「ユダヤ民族」に与えられるのではなく、「ユダヤ人以外」「ユダヤ民族以外」に与えられるという意味になる。
 この譬えは、イエスが祭司長や民の長老に話しているのだが、ここで言う「農夫たち」というのは、「祭司長や民の長老」を指している。
イエスは、祭司長や民の長老たちによって、これまでの預言者と同じく殺されると言っている。
そりゃあ、譬えであってもこれだけ刺激的なことを面とむかって言われれば、その意味するところは理解できたから、殺してやろうと決意させただろう。