第二コリント書を考える(第13章)

 聖書からの引用は、口語訳からのもの。田川建三訳、尾山令仁訳の二つの訳は好対照で読み比べている。

*第13章の説教も脅かしに満ちあふれている。こんな説教で良いのかねえ。

1 わたしは今、三度目にあなたがたの所に行こうとしている。すべての事がらは、ふたりか三人の証人の証言によって確定する。
2 わたしは、前に罪を犯した者たちやその他のすべての人々に、二度目に滞在していたとき警告しておいたが、離れている今またあらかじめ言っておく。今度行った時には、決して容赦はしない。
3 なぜなら、あなたがたが、キリストのわたしにあって語っておられるという証拠を求めているからである。キリストは、あなたがたに対して弱くはなく、あなたがたのうちにあって強い。

*パウロが見た幻視を信じられない者は許さないぞということだ。イエスが生前、言ったこと、行ったことは他の宣教師、使徒、信者などからあれこれと、コリント教会の信者たちも聞いていたにちがいない。それ故、パウロの話は本当か、証拠を見せてと言われたのだろう。パウロはイエスの生前の姿を知らないから、伝えようがない、伝えられるのは幻視体験で見たイエスであり、イエスの言葉だけなのだ。


4 すなわち、キリストは弱さのゆえに十字架につけられたが、神の力によって生きておられるのである。このように、わたしたちもキリストにあって弱い者であるが、あなたがたに対しては、神の力によって、キリストと共に生きるのである。
5 あなたがたは、はたして信仰があるかどうか、自分を反省し、自分を吟味するがよい。それとも、イエス・キリストがあなたがたのうちにおられることを、悟らないのか。もし悟らなければ、あなたがたは、にせものとして見捨てられる。

*パウロの言うことを疑わずに信じなさい、パウロの言うことを信じないのは偽物の信者だぞ、というわけである。

6 しかしわたしは、自分たちが見捨てられた者ではないことを、知っていてもらいたい。
7 わたしたちは、あなたがたがどんな悪をも行わないようにと、神に祈る。それは、自分たちがほんとうの者であることを見せるためではなく、たといわたしたちが見捨てられた者のようになっても、あなたがたに良い行いをしてもらいたいためである。
8 わたしたちは、真理に逆らっては何をする力もなく、真理にしたがえば力がある。
9 わたしたちは、自分は弱くても、あなたがたが強ければ、それを喜ぶ。わたしたちが特に祈るのは、あなたがたが完全に良くなってくれることである。
10 こういうわけで、離れていて以上のようなことを書いたのは、わたしがあなたがたの所に行ったとき、倒すためではなく高めるために主が授けて下さった権威を用いて、きびしい処置をする必要がないようにしたいためである。

*脅かすばかりでは、知恵がない。しかし、パウロは自分が神から権威を授けられていることをもとに、パウロの言うことを信じるのが本当の信仰だと言って、脅かすしかないのだ。

11 最後に、兄弟たちよ。いつも喜びなさい。全き者となりなさい。互に励まし合いなさい。思いを一つにしなさい。平和に過ごしなさい。そうすれば、愛と平和の神があなたがたと共にいて下さるであろう。
12 きよい接吻をもって互にあいさつをかわしなさい。聖徒たち一同が、あなたがたによろしく。
13 主イエス・キリストの恵みと、神の愛と、聖霊の交わりとが、あなたがた一同と共にあるように。

*最後は、じつにとってつけたような挨拶だね。


  (第12章へ)