第一コリント書を考える(第11章)

 聖書からの引用は、口語訳からのもの。田川建三訳、尾山令仁訳の二つの訳は好対照で読み比べている。


*第11章は、パウロが女性差別論者であることがはっきりと分かるところである。次に聖餐式にかかわって起きている問題に関しての注意が書かれている。


1 わたしがキリストにならう者であるように、あなたがたもわたしにならう者になりなさい。
2 あなたがたが、何かにつけわたしを覚えていて、あなたがたに伝えたとおりに言伝えを守っているので、わたしは満足に思う。

*謙虚な使徒なら、私がイエスを真似ているように、あなた方もイエスを真似なさい、というところが、さすが教祖パウロ、私を真似なさいである。すごい自信だ。

3 しかし、あなたがたに知っていてもらいたい。すべての男のかしらはキリストであり、女のかしらは男であり、キリストのかしらは神である。
4 祈をしたり預言をしたりする時、かしらに物をかぶる男は、そのかしらをはずかしめる者である。
5 祈をしたり預言をしたりする時、かしらにおおいをかけない女は、そのかしらをはずかしめる者である。それは、髪をそったのとまったく同じだからである。
6 もし女がおおいをかけないなら、髪を切ってしまうがよい。髪を切ったりそったりするのが、女にとって恥ずべきことであるなら、おおいをかけるべきである。
7 男は、神のかたちであり栄光であるから、かしらに物をかぶるべきではない。女は、また男の光栄である。

*女は頭におおいをかけよ(被りなさい)、男は帽子を被ってはいけないというわけだ。

8 なぜなら、男が女から出たのではなく、女が男から出たのだからである。
9 また、男は女のために造られたのではなく、女が男のために造られたのである。
10 それだから、女は、かしらに権威のしるしをかぶるべきである。それは天使たちのためでもある。

*その理由づけを、旧約聖書に求めている。

11 ただ、主にあっては、男なしには女はないし、女なしには男はない。
12 それは、女が男から出たように、男もまた女から生れたからである。そして、すべてのものは神から出たのである。

*一見宗教信仰においては、男女平等だよとパウロは言っているように見えるが、男もまた女から「出た」のではなく、「生まれた」とあるように、男女平等だとは言っていないのだ。

13 あなたがた自身で判断してみるがよい。女がおおいをかけずに神に祈るのは、ふさわしいことだろうか。
14 自然そのものが教えているではないか。男に長い髪があれば彼の恥になり、
15 女に長い髪があれば彼女の光栄になるのである。長い髪はおおいの代りに女に与えられているものだからである。
16 しかし、だれかがそれに反対の意見を持っていても、そんな風習はわたしたちにはなく、神の諸教会にもない。
*長い髪はおおいの代わりに女に与えられているのだったら、おおいを被らなくても良いはずだ。パウロの無茶論理。男は長髪禁止というわけだ。神の諸教会にもない、とパウロは断言しているが、女性がかぶり物をする風習は、ユダヤ人の慣習であって、ギリシャローマ社会ではそのような慣習は広まっていなかったようだ。

17 ところで、次のことを命じるについては、あなたがたをほめるわけにはいかない。というのは、あなたがたの集まりが利益にならないで、かえって損失になっているからである。
18 まず、あなたがたが教会に集まる時、お互の間に分争があることを、わたしは耳にしており、そしていくぶんか、それを信じている。
19 たしかに、あなたがたの中でほんとうの者が明らかにされるためには、分派もなければなるまい。

*紛争に関して、耳にしている、いくぶん信じている、というようにトーンダウンだね。はては、分派の必要性まで言い出す始末だ。

20 そこで、あなたがたが一緒に集まるとき、主の晩餐を守ることができないでいる。
21 というのは、食事の際、各自が自分の晩餐をかってに先に食べるので、飢えている人があるかと思えば、酔っている人がある始末である。
22 あなたがたには、飲み食いをする家がないのか。それとも、神の教会を軽んじ、貧しい人々をはずかしめるのか。わたしはあなたがたに対して、なんと言おうか。あなたがたを、ほめようか。この事では、ほめるわけにはいかない。

*パウロの時代には、今日の聖餐式と晩餐式(お食事会、お茶会、パーティなど)などが区別されていなかったようだ。後から来る人を待たずに、飲食する人があり、遅れてきた人は腹ぺこだったようだね。

23 わたしは、主から受けたことを、また、あなたがたに伝えたのである。すなわち、主イエスは、渡される夜、パンをとり、
24 感謝してこれをさき、そして言われた、「これはあなたがたのための、わたしのからだである。わたしを記念するため、このように行いなさい」。
25 食事ののち、杯をも同じようにして言われた、「この杯は、わたしの血による新しい契約である。飲むたびに、わたしの記念として、このように行いなさい」。
26 だから、あなたがたは、このパンを食し、この杯を飲むごとに、それによって、主がこられる時に至るまで、主の死を告げ知らせるのである。
27 だから、ふさわしくないままでパンを食し主の杯を飲む者は、主のからだと血とを犯すのである。
28 だれでもまず自分を吟味し、それからパンを食べ杯を飲むべきである。

*今日の聖餐式のことを言っているようだが、パンを食べ、ワインを飲む、お食事会といった印象だね。

29 主のからだをわきまえないで飲み食いする者は、その飲み食いによって自分にさばきを招くからである。
30 あなたがたの中に、弱い者や病人が大ぜいおり、また眠った者も少なくないのは、そのためである。
31 しかし、自分をよくわきまえておくならば、わたしたちはさばかれることはないであろう。
32 しかし、さばかれるとすれば、それは、この世と共に罪に定められないために、主の懲らしめを受けることなのである。

*信者の中に病弱な者、病気になった者や死んだ者がいる原因は、イエスのことをちゃんと考えないで聖餐式にでたからだ、ということか。

33 それだから、兄弟たちよ。食事のために集まる時には、互に待ち合わせなさい。
34 もし空腹であったら、さばきを受けに集まることにならないため、家で食べるがよい。そのほかの事は、わたしが行った時に、定めることにしよう。

*先に食べてこい、待ち合わせをしてこい、というのがパウロの命令というわけだ。


  (第10章へ)   (第12章へ)